2019年9月2日月曜日

千日亭「第六十八回TORII講談席 「講談五十年~下天の内を比ぶれば~」 ~最初はみんな講談イロハを習いたり~」

2019年9月2日
第六十八回TORII講談席
「講談五十年~下天の内を比ぶれば~」
~最初はみんな講談イロハを習いたり~

出演(順)
「講談イロハ(一)太閤の風流」 旭堂南海
「修羅場・三方ヶ原戦記」   旭堂南湖
「寛政力士伝・雷電の初土俵」 旭堂南鱗
中入
「講談イロハ(二)太閤と曽呂利」 旭堂南海
「赤穂義士銘々伝・赤垣の婿入り」旭堂鱗林
「侠客・野狐三次~大井川の件~」旭堂南華

開演6:30PM
前売2000円/当日2300円

ご予約・問
06-6211-2506(トリイホール)


南海は今年講談生活三十年。南湖は二十年。二人併せて五十年。今はヒネたる両人ながら、入門当初は初々しく師匠の許へお稽古に通い、講談イロハを学びました。勿論、先輩南鱗・南華、そして後輩鱗林も同じこと。半世紀とは言いながら、反省する事ばかりにて、初心に返って講談イロハをもう一度との思いで企画をしました。この機会に初めて講談に触れてみるのも宜しいかと存じまする。